プロダクションからのメッセージ

(株)81プロデュース 《代表取締役》  南沢 道義

日本語が世界中でブームになっています。アニメを中心とした声優の功績は大きく、日本語の魅力をさらに引き立てます。1週間で多くのアニメ番組が放送され、そしてさまざまなコンテンツソフト……声優文化は確実に未来へ踏み出しています。声優を志望するみなさんの基礎作りに、中尾隆聖、関俊彦ほか、81プロデュースの俳優陣がお手伝いをいたします。豊かな環境で学び、声優業界の未来をしっかりつないでいただきたいと思います。

(株)賢プロダクション 《ゼネラルマネージャー》  野村 道子

声優として成功するためには、感受性を豊かにしておくことが大切です。滑舌や発声は訓練すれば必ずできるようになります。でも、感性は教わって身につくものではありません。映画を見たり、本を読んだり、人と出会って感動したりすることが重要です。日常生活のなかにだって感じることはたくさんあります。いつか、みなさんとスタジオで会えることを楽しみにしています。がんばってください。

(株)マウスプロモーション 《代表取締役社長》  納谷 光枝

2006年に、外画動画吹き替え放送50周年記念パーティが開催されました。その場に立ち会えた私どもは、この年月を支え、大きくしてくださった諸先輩方に感謝し、責任と向上心を忘れず、心機一転がんばっていく所存です。人に何かを伝えるということは、あなた方自身が素晴らしい伝え手になることです。たくさんの人、物、心に触れ、愛し愛され、涙し、感動し……さらなる自分を作り上げてください。そんなあなた方とこれからの50年史を作り上げたいと期待し、祈りを込めて待っています。

(株)サンディ 《代表取締役社長》  奈美木 映里

ラジオからリスナーに呼びかけるとき、「貴方」「君」「お前」と一人称で呼び、「みなさん」とは、極力言いません。ラジオを聞いているのは、一人で運転中のドライバーだったり、受験勉強中の学生だったり……。だからパーソナリティーは、たった一人の「あなた」の心に寄り添って語りかけます。ラジオとは、いつの時代も、傷ついた心や、さびしい心を優しく抱きしめ、励ますことができるマンツーマンメディア。弊社は、そんな業界で、全国へたくさんの言霊(ことだま)を届ける仕事をしています。

(有)タレントユニオン 《代表取締役》  黒澤 雅樹

弊社はテレビ・ラジオを中心に、MC・レポーターとして活動をしている事務所です。求めている人材は、言葉を大切に伝える技量はもちろんですが、世の中に興味を持っている方に集まっていただきたいと考えています。自分の知らないことを上手に伝えることができるでしょうか?いま何が流行っているのか、どんな事柄が報道されているのか。発信する側の目線が必要です。インプット→咀嚼(そしゃく)→アウトプットを繰り返し、常にアンテナを伸ばしている人を私たちは応援したいと思っています。

(株)グレートディッパー 《代表取締役》  岡村 静子

司会・アナウンス・ナレーションを通じて30年以上の経験から、言葉の持つ重要性を強く感じています。言葉一つで人を幸せにすることができる…なんと素敵なことでしょうか。そのような恵まれた環境の中で、日々活躍できる幸せを心から実感しています。言葉の大切さが問われている昨今において、将来にわたってその道を選ばれた皆様は、その活動を通して人を感動させることができる幸せに満ちあふれていることでしょう。TASAで培ったスキルを活かして、共に業界で飛躍できることを期待しています。